食べてみよう本場の味|イタリアンを筆頭に今までとは違った新しい味を体感してみよう

イタリアンを筆頭に今までとは違った新しい味を体感してみよう

食べてみよう本場の味

ピザ

ナポリの窯というのは、一般的には有名なイタリア料理のピッツァを焼くときに使われる釜のことを言います。日本ではナポリの窯とは宅配ピザを展開している店舗の名前ですが、本場の味を再現しているということで有名になっています。窯で焼くナポリのピザといえばマルゲリータですね。今回はより美味しく頂くためにピッツァの知識を深めていきましょう。
最初は生地にラードを塗ったものを平たくのばして焼いたフォカッチャというものを、店頭で焼きながら販売していた歴史があり、これがピッツァの先祖とされます。そして1750年台にマリナーラというピッツァが誕生します。これは漁師のリクエストから始まったとされています。そしてナポリピッツァの代名詞ともいえるものがマルゲリータで、宅配ピザのナポリの窯でも人気の一品になっています。これはマルゲリータ王女に由来する名前で、イタリア統一後、ナポリに訪問した際にピッツァ職人のエスポースィが作ったとされています。イタリアの国旗の色があしらわれており、バジリコの緑とトマトの赤、そしてモッツァレラの白とシンプルながら美しいピッツァです。そしてナポリの人々にとって欠かせないものになっていきます。安くて美味しくてボリュームがあるこの美味しいピッツァは家庭では簡単に作れるものではありません。やはり薪を使用したナポリの窯が必要不可欠なのです。本場ナポリでもピッツェリアに出向いてピッツァを楽しみます。日本では宅配ピザでも高いクオリティを実現できるようになってきました。一般的には一人で一枚を食べます。厳密なマナーはありませんが基本的に店の中で食べるときはナイフとフォークを使います。見た目もよくスマートです。そして縁の部分も残さず食べます。もちもちとした食感と薪窯で焼いた風味がたまりません。最後に熱々を冷めないうちに食べきりましょう。どんな料理でもそうですが冷めると美味しくなくなってしまいます。
最近では国内でも本格的なピッツァを提供するナポリの窯のように、美味しいピッツァを宅配で注文できるお店が増えてきました。近隣にあればすぐに注文できるので、出前サイトなどを活用してお家で本格派のナポリピッツァを楽しみましょう。