イタリアンを筆頭に今までとは違った新しい味を体感してみよう

素材の味を満喫

鰻

うなぎといっても現在では養殖物が多く、天然物を食べる機会が減ってしまったといえます。ここは是非とも浜松で天然物を味わいたいところです。美味しい食べ方を紹介したいと思います。

More Detail

落ち着いた大人の時間を

洋食

リゾーピア箱根のラウンジロイヤルウッド。ここでは落ち着いた雰囲気で、夜はナイトラウンジ朝はモーニングに昼はランチなどが楽しめます。でもラウンジって何わからない。そんな方の為にまずはラウンジについて知っておきましょう。

More Detail

食べてみよう本場の味

ピザ

本格的なナポリの窯で焼き上げたピッツァ。是非熱々を頬張りたいものです。そこで今回は美味しいピッツァを頂くために少し知識を増やしてみましょう。より一層食事を楽しむことが出来るようになるでしょう。

More Detail

今よりもっと好きになる

料理

今や日本中どこでも手軽に食べられるようになったイタリアン。豊中では南北のイタリアンを味わうことができます。日本と同じように縦長のイタリア。南北の味の違いを楽しんでみましょう。
イタリア料理と言えば一般的にはパスタとピッツァでしょう。ですがイタリアンとは意外に奥が深く、特に南側と北側での味の違いには驚くことでしょう。厳密にはイタリア料理ではなく、あるのは郷土料理であるという方も中にはいます。ここでは簡単に南北の違いを紹介していきます。豊中ならどちらも味わうことができるでしょう。まずは北イタリアの料理ですが、こちらは生リームやバターを使った料理が多く濃厚な味が特徴です。北イタリアといえばミラノなどおしゃれな印象を持つ方も多いのではないでしょうか。アルプスの麓に位置し、寒さと酪農が盛んという理由から煮込む料理や肉を使った料理が多いといえます。ティラミスや薄いミラノ風カツレツなどが有名です。南イタリアでは温暖な気候と海の幸が豊富に取れることからトマトやオリーブオイル、魚介類を使った料理が多いといえます。一般の方が想像するイタリアンはこちらの料理になると思われます。アドリア海と地中海に囲まれた南イタリア料理は魚介を好んで使用し、トマトやオリーブオイルなどでさっぱりとした印象です。トマトベースのアクアパッツァやパスタなどは日本でも親しまれており、豊中でも食べることができます。
今回は大まかに北と南でのイタリアンの違いを紹介しましたが、他にもジェノバやボローニャ、シチリアなどその土地によって個性豊かなのがイタリア料理です。豊中なら色々なお店を探すことができるでしょう。インターネットも活用して新しいイタリア料理を楽しんでみませんか。